【肝斑・色素斑】シミができたら使うべき美白サプリと美白スキンケアまとめ

シミ対策

肌色がくすみがちでよく見ると細かなシミが目立つ。こんな人が飲むべきサプリとスキンケアについて解説します。

美白効果持つαリポ酸

Embed from Getty Images

αリポ酸は数多いサプリメント成分の中でも、化粧品の美白成分並みにメラニン合成を抑える効果を持っています。

さらに高い抗酸化力で、美白のサポートをしてくれます。

αリポ酸はビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10などの再生を促します。これらを合わせて飲むと体調と肌質がよくなると実感する人が多いのだとか。

αリポ酸でメラニンが作られにくい肌状態にしたら、肌からメラニンを追い出してしまうのが「美白の鉄板戦略」です。

これにはグリコール酸などによるピーリングが有効です。2005年秋に、高濃度でしかも肌に刺激なくセルフピーリングできるグリコール酸の新製品が登場しています。

APPSで肌色を明るく

Embed from Getty Images

仕上げには、角質のメラニンを淡色化して肌色を明るくするビタミンC系のコスメをおすすめ。

注目はAPPSという新型のビタミンC誘導体タイプです。

ビタミンC高い抗酸化作用を保つものの、肌と同じイオンを保つため、磁石のように反発して肌に浸透しないという欠点があります。

APPSは浸透性が高いので、美顔器を使わなくても、従来の誘導体を美顔器で導入した場合に近い効果があります。

また、肌に潤いをもたらし、かさつかせない点もうれしいところ。

肝斑を気にする人のための2つのケア

Embed from Getty Images

肝斑は、紫外線や刺激により肌の一部分が極端にメラ素を作り出しやすくなる濃くなるシミのこと。

紫外線はもちろん、肌の擦過(こすったりすること)によっても引き起こされるため、気をつける必要があります。

ポリフェノール

肝斑に効果的なのは、高い抗酸化作用を持つブドウ種子ポリフェノールのプロアントシアニジン。

筑波大学皮膚科グループの臨床試験では3カ月で肝斑が薄くなりはじめ、6ヶ月で目立たなくなることが明らかになっています。

プロアントシアニジンは皮膚への移行性が高く、皮膚で紫外線やストレスなどによって増える活性酸素を抑制して、肝斑などのシミを薄くすると考えられます。

紫外線対策

そもそもメラニン合成の刺激になる紫外線A波を底してカットすることも大切。つまり、日焼け止めを使うことです。

肝斑を生じやすい妊娠中の女性に紫外線カットの効果を試験したところ、日焼け止め非使用では全体の70%で肝斑が生じましたが、通常の日焼け止めの使用で60%に減ったデータがあります。

ポリフェノール入りのサプリメントと、紫外線A波を徹底カットできるサンスクリーン、そして肝斑の原因となる肌の炎症状態を解消するスキンケアを組み合わせて使うと良いでしょう。

まとめ:美白サプリで覚えておくべきは「αリポ酸」」「ビタミンC」「ビタミンE」「コエンザイムQ10」「ポリフェノール

グリチルリチン酸がメラノサイトの働きを抑制

私たちの肌はわずかな刺激でメラニン色素が増えてしまいます。この理由は長年なぞでした。

ところが、最近になり、資生堂の研究グループが肝斑の部分に起こっている弱い炎症がメラニンを増やす一因だと突き止めたのです。

この炎症を抑えるのが有名なグリチルリチン酸2Kです。

グリチルリチン酸は炎症を鎮めて、メラノサイトを活性化する様々な情報伝達物質を抑えて美白します。

このグリチルリチン酸を使った美白化粧品としてはディセンシアの「サエル」があります。

ディセンシアのサエルは敏感肌用スキンケアとして、刺激のある成分を極力使用せずに美白効果を実現しているのが特徴です。

「 サエル 」はディセンシアの美白ラインです。ディセンシアは敏感肌に特化したコスメを開発しており、中でもエイジングケアのアヤナスが有名ですが、ネットや雑誌を調べてみるとサエルの評価もすごく高いんです。そこでトライアルを申し込み、40日間に渡りその実力をチェックしました。その結果は予想を裏切るものに!

グリチルリチン酸以外では資生堂のトラネキサム酸、サンスターの美白成分リノール酸Sも、肝斑への効果が臨床実験にて確認されています。

老人性色素斑にはメラニンの排出がポイント

くっきりと丸いシミは医学的には老人性色素斑あるいは日光色素斑などと呼ばれています。

老人性色素斑は紫外線により、そこの部分の表皮細胞の遺伝子に傷がついて、過剰にメラニン色素が作られてシミになっている状態。

このタイプのシミにはメラニンの排出を進めるL-システインなどの医薬品や、メラニンの過剰合成を止めるスキンケアを組み合わせて使いましょう。

くっきりとシミが目立つのはメラニンが次々と作られ、ターンオーバーによる排出が間に合わない状態。

L-システインはスポット的なシミに効果的。単体のサプリより、ビタミンEやCが配合されたものの方がおすすめ。

メラニン合成を抑えると同時に、ターンオーバーを促すL-システインを飲むのとベストマッチなのです。

肌の代謝を改善し、シミ・そばかすに効果を発揮する有効成分L-システイン配合のハイチオール。きれいな肌への理解を深める解説はこちら。

メラニン合成信号を止める

老人性色素斑と分類される丸くくっきりとしたシミの部分では、メラニン生成を促す情報伝達物質エンドセリンが増えています。

だから、老人性色素斑が気になるならエンドセリンをブロックするスキンケアを選びたいもの。

ナーシサスエキスという成分にはエンドセリンを抑制する働きがあるので、スキンケア選びの際には注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする